2022年03月19日

晴海ふ頭の30年

晴海の旧建屋、船客待合所の手持ち画像を探してみましたが見当たりません。
もっぱら船を撮りに行っていたので当然と言えば当然。
ただ、当時の雰囲気がかろうじて感じられるプリントがあったのであげてみます。
1989年7月16日で当日は雨。コニカの防雨コンパクトカメラで撮影。
198907161.jpg
右隅に見切れているのが待合所の外周です。
当時は岸壁に数カ所、植樹庭園部分が設けてありました。
岸壁端までが「陸地」だったようです。
この後、大型船に対応、浚渫が行われテラス状の張り出し(下は海)が作られたと。
接岸中の軍艦はフランス海軍タヒチ艦隊のフリゲイト「コマンダン・ビロ F796」です。
わりとひんぱんに来航していたフネです。
【HARUMI 30thの最新記事】
posted by ぺんきどろぼう at 08:29| Comment(0) | HARUMI 30th

2022年03月16日

晴海ふ頭の30年

いささか旧聞ですが。
先月、2月20日付けで東京港晴海客船ターミナルが運用終了、閉鎖されました。
五輪関連や.青海の開発も有りましたから仕方ないのですがフネ屋としては残念です。
豊洲側に橋も出来、対岸に立ち入もできるようになったと言うのに。
また、レインボーブリッジから出入通過船の俯瞰写真を撮ることも無くなります。
これから古いプリントからスキャナ取り込みで何点かあげてみようと思います。

1990年4月29日の「にっぽん丸(二代)」です。
旧「セブンシーズ」でこの日の時点で次の「にっぽん丸(三代)」が進水済み艤装中で
秋口には交代、退役が予定されていました。
たまたま晴海で入港に遭遇した際のものです。
199004291.jpg
晴海埠頭も新ターミナル建設に向けて旧建屋は解体済み、がらんとした平屋のプレハブ施設
だったと記憶しています。
当時は情報源が埠頭施設内に貼り出される「出入港予定表」しかなく定期的に読みに通って
いて、その際にコンパクトカメラ(当然フィルム)で撮ったものです。
実はこの時以外「にっぽん丸(二代)」は撮れていません。
半年後には売却されてしまいました。
posted by ぺんきどろぼう at 07:14| Comment(0) | HARUMI 30th

2022年03月14日

Yokota today

先日、脚立を新調しました。
北風でもあり模型の図面起こしにかまけて出不精似ていましたが南風に誘われて。
今朝、14日早朝に着陸。RW36.
220314386.jpg

機種変更されつつある入間C−1が着陸。RW18.
220314400.jpg
このあとジャイアンともう一機のC-1「COSMO19」がRW36で着陸、チャーリー進入で見てただけ。
 
昨日、13日昼にかけて離陸。RW36.
220313346.jpg

220313354.jpg

220313372.jpg

一昨日12日、正午前後。RW18.
220312333.jpg

220312342.jpg

春めいてきましたけど桜はさすがにまだかなと。花粉は大量に飛んでます。


posted by ぺんきどろぼう at 18:45| Comment(0) | 日記

2021年08月22日

Yokota today

前号の「台風避難機」は諸事情からハズしてしまい
今度の12号を期待していたのですが今日は北風でこれと言った動きも無く。
昼前の離陸を後追いで。RW36TO.
210822304.jpg
 
昨日、10時前に飛来。シェブロン付き。RW18AP.
210821301.jpg
 
窓の隈取とノーズアート。
210821298.jpg
 
あと、ウルフハウンドとかも降りましたがパス。
posted by ぺんきどろぼう at 19:29| Comment(0) | 日記

2021年05月30日

Yokota today

噂の青鼻カーリーことカーリー47です。
朝、RW36で離陸、夕方5時過ぎに復路便?が帰ってきました。RW18AP.
210530268.jpg
KLMとか青い機体から鼻先の皮を持ってきたのかと思っていましたが違いました。
後付けのカバーをワイヤで固定しているようです。
まさかブルーシートじゃないだろうね。
posted by ぺんきどろぼう at 19:04| Comment(0) | 日記